Careers

働く人インタビュー

リモート時代だからこそ“人と向き合うこと”に労力を惜しまない

アカウントプランナー/局長

東 信之介
キャリア入社

<略歴>
大学卒業後、地方銀行勤務を経て株式会社CyberAgentにキャリア入社。約2年半、福岡支社で既存顧客向け営業に従事する。2019年に株式会社CyberACEに異動、大阪拠点立ち上げの際には営業リーダーに。2020年4月にCyberACE東京通販チームを立ち上げ。入社4年目にして営業局長に抜擢され、現在は3つの営業チームをマネジメントしている。

求められるのは自主性とスピード感

CyberACE代表の西島さんの誘いが入社のきっかけです。当社は中堅企業やスタートアップ、地方企業などを幅広く支援しており「地方出身の自分だからこそ、何か役に立てることがあるのではないか?」と考えました。また当社の業務はサイバーエージェントグループの中でも特に自主性やスピード感が求められる領域だと考えており、自分の努力次第では20代でも経営の根幹に携わることができると感じたことも入社の決め手になりました。

現在は営業局長として営業チームのマネジメントを担当しつつ、新規顧客の開拓や、育成、採用など幅広い業務を任されています。中途入社組も多くさまざまな業種出身のスタッフがいることもあり、1人ずつのキャリアや特性を見ながら仕事を任せるよう心がけています。育成の際には入社3~6か月のスタートダッシュ期間を重要視しているので、トレーナーも付けますがその人任せにはせず、私からも1人ずつフォローを入れるようにしています。

オンラインでも感情が伝わるやり取りと細かなケアに注力

私のミッションはチームの売上を達成させることなのですが、それを実現するために、スタッフのみんなと共にどうすれば顧客の成果が出せるのかを考え、実行し続けることが主な仕事だと考えています。CyberACE入社以降は、リーダー、マネージャー、局長と半年~1年おきにチームメンバーと責任範囲が増えていく中で、業務の幅も広がってきました。自身のミッションも個人成果から、組織成果に移り変わっています。

また、現在は打ち合わせのおよそ9割がZoomを使ったオンライン商談になっています。便利な反面、互いの感情が見えにくく淡白な印象になりがちですので、商談中は「こう思っている、こうしたい」ということを意識的に明るく、強く言うなど感情を表現する事を心がけています。もともと人と話すことが好きでもあるのですが、顧客に対してはもちろん、スタッフ間でも細かなやり取りをおろそかにしないなど“人と向き合うこと”に時間を割くようにしています。

「やってみる精神」でのチャレンジを歓迎したい

好奇心旺盛で、継続的に行動し続けられる方にぜひ入社いただきたいと思っています。顧客の業種は幅広く、インターネット広告の手法も常に変化していくため、まずは好き嫌いせずに「やってみる精神」で何事にもチャレンジできる人がCyberACEでも成果を上げている印象です。そして何よりも、その姿勢を諦めずに続けられる人であること。諦めていく人もいる一方で、その状況を逆にチャンスだと捉え、行動を続けられる人が当社に向いているのではないかと思います。

私自身は地方で他業種を経験していますが、それがさまざまな地域/業種の顧客にも寄り添えるという点でメリットになっていると感じます。営業職という業務上、対外的には話の引き出しが多いほうが“つかみ”になりますし、社内のさまざまな業種出身のスタッフと連携する際にもこれまでの経験が役立っています。