Careers

働く人インタビュー

“チャレンジャー体質”の会社と並走できる気概を

マーケティング/局長

久慈 秀斗
新卒入社

<略歴>
大学卒業後、株式会社CyberAgentに新卒で入社。同年に子会社を設立し、のちに取締役に就任。2019年に経営する子会社を株式会社CyberACEと経営統合し、現在はCyberACEマーケティンググループの局長を務める。年間100社程度の新規顧客をターゲットに、ダイレクトマーケティングを中心にプロモーション戦略全般の提案を実施している。

業界No.1のノウハウと業界地図を変える勢いを併せ持つ企業

新卒当時、最も伸びているデジタルマーケティング業界でトップを走るグループであること、多彩な事業/新規事業を手掛けていることと同時に、挑戦を歓迎する文化やそこに真摯に向き合う社風にも惹かれサイバーエージェントに入社しました。CyberACEの業務では様々な業種を担当するだけでなく、各顧客の組織におけるトップレイヤーの方と直接仕事がをさせていただくケースが多く、ここで得たものを糧にして自らも成長していけると考えています。

業界No.1のサイバーエージェントのノウハウを持ちつつも、セントラルマーケットにおける広告業界の地図を変えようとしているチャレンジャー精神を併せ持っているのがCyberACEの面白いところ。業績の面でいっても、このペースと規模で急成長している企業は、国内のスタートアップではまずないと思います。このモデルで、まずは1,000億の事業を作りたい。自らがトップマーケターになるのと同時に、能力/品格を兼ね備えた組織を目指していけたらと考えています。

顧客ごとの課題に向き合い正真正銘のパートナーとして関わる

顧客とパートナーとして向き合うということは私のチームですごく重視している価値観です。また社内に対しても同じことが言えます。部署のマネジメントも兼任していますが、それぞれのキャリアへのリスペクトの気持ちを持ちつつ、CyberACEの社風である“言うべきことは率直に伝える”という2つのベクトルを同居させることを心がけています。

流れの速い業界で常に“戦闘力”を上げていくこと

CyberACEは成長欲求が高い人が集まり、自ら動くという意味でのリーダーシップを重視する会社です。逆に言えば「楽をしたい」という意味合いでの安定志向の方には向かないかもしれません。業界全体の流れはもちろん、顧客の置かれている事業環境なども目まぐるしく変わっていきますし、常に自分から学ぶ姿勢を持って“戦闘力”を高めていく姿勢でなければ取り残されてしまいます。ですので、会社に頼らずに自分の価値を上げたい人、自らが裁量権を持って働きたいという人に来ていただきたいです。

デジタルマーケティング業界No.1のグループであるCyberAgentの数ある子会社の中でも特にCyberACEはチャレンジャー的な立ち位置にいる会社で、そこに集まってくるスタッフにも不思議と、社風と似た気概を持つ人が多いと感じます。ノウハウはどんどんシェアしますので、成長欲求が強く、またそういった環境を求めている方とご一緒できれば嬉しいです。